ソフトバンク光に無線LANルーターを追加したら、爆速安定してエアコンにも繋がった話

Pocket

もしあなたがソフトバンク光を使っているなら、光BBユニットをそのまま使ってるなら、、

騙されたと思って無線LANルーターを買ってください。

それだけでネットライフ満足度が23%ほど向上します(体感)

いきなり何言ってんだコイツと思われたでしょうから、事の顛末を説明します。

スポンサーリンク

家のWi-Fiが安定しないし遅い



最近ワケあって戸建てに越したのですが、Wi-Fiが安定しないという問題に直面しました。

主な症状

・スマホで5GHzのWi-Fiに繋がらない(接続切れが頻発する)
・ノートPCで動画を見てると、コマ送りになったり止まったりする。

Wi-Fi(無線LAN)には2.4GHzと5GHzという2つの通信規格がありますが、5GHzの方が速いし電波干渉にも強いので、できれば5GHzを使いたいんです。これは全人類共通の願いです。

ところが5GHzは壁や障害物にめっぽう弱く、範囲も狭いという困った特徴があるので、天井や壁越しだと安定しないわけです。逆に2.4GHzは障害物に強いので安定はしますが速度が出ません。

我が家は回線の都合上2階にBBユニットを設置しているのですが、1階でスマホやノートPCを使おうとすると、5GHzが安定しないため2.4GHzを使わざるを得ませんでした(というか気づけば2.4GHzに変わってる)

これがまぁ遅い。いや、ひと昔前に比べれば大分速いんですが、動画を再生したりするには追い付かんわけです。

うちは子どもに「おかあさんといっしょ」を見せるため、ノートPCをテレビに繋いでU-NEXTやDTVで見てるのですが、しょっちゅうムテ吉がコマ送りで走ってたり、よしお兄さんが変な顔で止まってたりします。

その度に子どもからは「また止まったよ?どうなってんの?ちゃんと仕事して?」というゴミを見るような目で見られます。

それでも「まぁPC自体も古いし我慢するしかないでしょ」と本腰上げる気にはならなかったのですが、今回さすがに何とか改善しようと思った要因がこれ。

エアコンのWi-Fi接続ができない

これにはさすがにまいった。

というのもこの夏に向けてリビングのエアコンを新調したのですが、そのシャープのエアコンの目玉機能に「スマホでのリモート操作可能」ってのがありました。

外出先からスマホでエアコンの電源入れたりできるとか未来技術すぎない…?

今回購入したのはこの「シャープ AY-H28S-W」

2018年モデルと1年型落ちですが、実売6万円以下で10畳クラスに無線LANアダプタ内臓とコスパ最強です。

無線LANアダプタについては他の主要メーカーのは結局上位機種だけだったり、別売で設置しなきゃいけなかったりする中、標準内臓してるのはシャープだけかと思います。いらん機能付けてないでどこも標準搭載すればいいのに。

「さすがに目の付け所がシャープやでぇ…」と、ワクワクしながらWi-Fi設定しようとした所、何度やっても繋がらない。

安くない買い物なので、もしリモート機能が使えないままなんてなったら、何のためにシャープにしたかわからん!やっぱ三菱のにすりゃよかった!と、軽くパニックになりました。

というわけで少し調べたところ、次のような原因に当たりました。

ソフトバンク光BBユニットの無線は「弱い」

うちのネット回線はソフトバンク光なので、ルーターは光BBユニットをレンタルして使ってます。

レンタル料金はかかりますが、おうち割で月500円だし、そんなに性能も悪くないし…くらいに今まで気にする必要ありませんでした。

しかし上記のように戸建てだと安定しなくなり、果てはエアコンに繋がらない。というわけでBBユニットについて調べてみると、どうやら「無線がダメダメ」らしい。

ルーターとしては「IPv6高速ハイブリッド※」に対応してたりかなり優秀なのですが。。

※IPv6高速ハイブリッド(IPoE IPv6 + IPv4):これまでのIPv4と次世代接続方式IPv6(IPoE)を自動で切り替えてくれるため接続が爆安定する結構凄い機能。Softbankはこれをもっと押していきたいが、説明が難しいのであまり浸透していない。

ただし無線LAN部分はいかんせん安定性が悪い。速度はそこそこ出るんですが、どうにも不安定な電波って感じです。

ついでに言うとシャープのエアコンも無線LAN部分が非常に弱いらしく、ちょっとの障害物や混線があるだけで接続不可になってしまうそう。何が目の付け所がシャープだよクソが。

もう「弱い×弱い」夢のコラボレーションですよ。勘弁してくれ。

無線LANルーターを別途導入する

というわけで、BBユニットの無線が弱いんなら、別途「つよい」ルーターを導入して無線LAN(Wi-Fi)の仕事をそいつに任せれば良いのかと。

イメージ的には、BBユニットからさらに無線LANルーターを繋げ、有線はBBユニット、無線LAN(Wi-Fi)はルーターに任せる、というもの。


ちなみに「BBユニット外せばいいのでは?」とも思いますが、おうち割(月500円)の条件にBBユニットレンタルがあるので解約はできないですし、何より回線の接続方式をIPv6にするにはBBユニットが必須となります。

IPv6はプロバイダ(ソフトバンク)が提供してるオプションなので、BBユニットを繋げないとプロバイダの回線として認識されず、外部ルーター単体にしてしまうと適用されません。

要はレンタルパックにIPv6の使用権も含まれてるようなもんなので、わざわざ外すメリットは無いです。

購入した無線LANルーターについて

無線LANルーターについては色々なメーカーから出てますが、要望としては以下。

・無線がBBユニットより性能がいいもの
・有線はギガ(1Gbps)対応でポートが複数あるもの
・予算は5,000円程度
・安定してて評判が良いもの

んで最終的に選んだのはNECのAterm WG1200HS3です。

同じ価格帯のバッファロー製と悩みましたが、口コミを見る限りバッファローはたまに「繋がらない」「安定しない」などとチラホラ書かれているのに対し、NECは特に目立った不具合報告が無かったためです。

まぁたまたまかもしれませんし母数が違うかもしれませんけど。。

また、バッファローだとこの価格帯だと有線が100Mbpsまでのものが多かったのに対し、きっちり1Gbps対応です。ただ実際有線は基本使わないし、ブリッジモードにするのでポートが3つもある意味ないんですが、将来的にどういう使い方するかもわからないので。保険ですね。

あと見た目もスマートでカッコいい。ほら、IT機器って何かこうオタクっぽいのが多いからさ。。

BBユニットには無い特殊機能

さらにハイパワーシステムビームフォーミング機能というガンダムに搭載されてそうな機能まで付いてます。

前者は「色々頑張って無線性能をさらに向上させました!」とかいうふわっとした説明なのでイマイチきな臭いですが、後者については「端末に狙い撃ちで電波を飛ばす」というBBユニットには無い機能なので、この恩恵はかなりありそうです。(ちなみにバッファロー他最近の大体のルーターには付いてます)

実際今回のエアコンに繋がらないのは、エアコン端末がうまく電波を拾えていない所に原因があるので、ぶっちゃけBBユニットがビームフォーミングを実装すればよいのではという気がしないでもない。

価格.comやAmazonの口コミ等々すべて目を通してみたので、多分この価格帯だと現時点でベストな選択かなと思います。

これより上の機種もありますが、正直一軒家としてはオーバースペックすぎと判断しました。この機種でも「戸建3階orマンション4LDK、Wi-Fi接続台数15台」と十分すぎますし、多分日本の家庭ほとんどこれでいいんじゃないかな。。田舎の広い家とかだとわからんが。

「WG1200HS3」と「WG1200HP3」の違い
ちなみにすごい紛らわしいんですが、同じNECで型番末尾が「HP3」ってのもあります。
スペック的には一緒なんですがHP3は「バンドステアリング」「オートチャネルセレクト」という機能が付いた少し上位版です。

この2つの機能、要は「回線の状況を判断して周波数やチャネルを自動的に変える」って機能なのですが、逆にこの機能のせいで回線が切れる症状も出てるらしく、、どうもエクセルのおせっかい機能と同じ匂いがしたので外しました。ちなみにHS3の方だと起動時に自動的に空いてる方に振り分けて固定されます。

早速設置してみよう

そんなわけで届きました。

PC機器のパッケージデザインって無駄にごちゃごちゃしてるとこが好きです。

本体は意外と小さく手のひらサイズ。そして軽い。めっちゃかるい。強めに吹いたらブラジルあたりまで飛んでいきそう。

とりあえず設置してみます。繋ぎ順としては以下。

ONU(NTTの光回線終端装置)→ ソフトバンク光BBユニット → Aterm WG1200HS3
BBユニットからルーターへのケーブルは付属してたのでそのまま使用。一応ケーブルを繋ぐ際はすべての電源を外してから繋いで、左から順に電源を入れていくようにしました。そうしないと初期設定でバグる恐れがあるらしいので。

上記はとりあえず繋いだだけの状態ですが、きっちり全ランプ点灯しましたので接続はできてるようです。

後はNECのアプリを入れて、iPhoneからQRコード読むだけで設定できますが、、この状態だと以下のような不都合があります。

・Wi-FiがBBユニットとルーターで2重に出ている(2重Wi-Fi)

・ルーター機能が被っている(2重ルーター)

なのでBBユニットの無線LAN機能を停止し、ルーター側のルーター機能を停止してブリッジモードにします。設定は簡単なので5分くらいで終わります。

BBユニットの無線LANを停止する

別にBBユニットのWi-Fiを生かしててもそのまま使えるんですが、電波干渉が起こったり勝手に違う方に接続されたりする恐れもあるのでBBユニット側の無線LAN機能を停止します。

まずはhttp://172.16.255.254からBBユニットのセットアップに入り、左下の「無線LANの設定」ボタンをクリック。


そしたら左下の「無線LAN機能停止設定」をクリックし、無線LAN機能を「無効」にチェックして設定を保存。これだけ。マジで簡単。

BBユニット本体を見るとWi-Fiランプが消えてます。さよならBBユニットの無線LAN機能…。

ルーター側をブリッジモードにする

単に繋いだだけの状態だと、所謂2重ルーター状態になっているわけでこれはよろしくない。というかルーター側のルーター機能を生かしたままにしておくと接続がうまくいきません。光回線は電気コンセントのようにタコ足配線は基本できませんので。

これを解消するためブリッジモードにしてルーター機能を停止します。

ブリッジモードへの切り替えは本体後ろのスイッチを「BR」に変えるだけです。ブザウザーで設定モードに入ってとかじゃなくて「物理」です。

ボタンの作りがちゃちいので真ん中で止めるのに若干苦戦しました。

ちなみに一番右の「CNV」は中継(子)機モードです。自分は設置場所すべてまとめてるので関係ないですが、広い家なんかだと中継機として使用した方が安定するかもしれません。

有線LANは使える?

ところで導入前の個人的な疑問だったのですが、ブリッジモードにしても有線LANは使えます。ただルーター機能を停止するので2回線以上は繋げられません。ちょっと待って、じゃあ有線LAN端子3つもいらんかったんじゃ。。

BBユニット側はルーター機能生きてるのでそのまま全ポート分使えます(ルーター用に一個使うので3つ)そんなわけで完成図はこんな感じになりました。

ちなみにAteamの有線に繋いでみたんですが、BBユニットの有線より速かったので、有線に関しても性能はいいみたいです。1端末しか使えないですが、安定して繋げたい端末があれば有線を使うのもいいかも。さすがに安定性では有線が一番なので。

どれだけ変わったか?

結論から言うと「速度はそこそこ速くなり安定性はめちゃ向上した」ってところです。

BBユニットとAteamルーターのWi-Fiを5GHz帯で比べた結果がこちら。

ソフトバンクBBユニットの最高値

Ateamルーターの最高値



いやスゲーな。

っていうかWi-Fiってこんな速かったっけ?

特に上がりスピードが顕著に改善しましたが、数値以上に体感の速度はかなり改善した感があります。これはちょっと自分でやってみないとわからないですが、iPhoneでブラウジングしていると明らかにサクサク(死語)になったと感じられます。

ルーター置いてる下階(要は天井越し1階)で測定してもほぼ変わりませんでした。というかむしろ速くなったくらい。そして肝心の接続切れも無くずっと5Ghzのままです。これはすごい。。

あと重要な報告として、BBユニットは天井越しでやった際にping値が安定しない時がありました。500ms(0.5秒)くらいかかった時もあり、たぶんこの時にブラウジングしてると接続切れや応答待ちになってるんだと思います。

BBユニットも速い時はそこそこ速いのですが、5Ghzが安定してこの速度を出せるかどうかってとこがポイントかと。弱いって言われてる理由はここらにありそうです。

電波障害や距離減衰はあるか?

Ateamの5Ghzが安定してることはわかったので、次はどれだけ障害に強いか測るため1階キッチンにある電子レンジや換気扇を付けた状態で近くで測ってみました。

ちなみにうちは1階リビングとキッチンは一間になっており、電子レンジは手前の方、換気扇は一番奥、つまり我が家で一番遠い所にあります。


結果がこちら。

まずは電子レンジの目の前でグラタンあっためながら何度か測ったんですが、少し速度が落ちる程度でそこまでの違いは見られませんでした。速度が落ちるのは電波干渉ってより距離的な問題かと。ping(接続)も安定してたので5Ghzが電波干渉に強いというのはほんとみたいです。グラタンおいしい。

換気扇下では特に上りが半分くらいに下がってますが、こちらも換気扇がルーターからは一番遠い位置(天井と壁を挟んで10mくらい)だからかと思われます。BBユニットだとここまでくると接続切れてました。

つまり遠くに行くほど速度は下がりますが、電波干渉にも負けず接続は安定してるということです。ここらへんビームフォーミング機能がいい仕事してるんじゃないですかね。

エアコンの無線接続は…

バッチリWi-Fi接続できました。

エアコンのWi-Fi設定ボタンを押してからAteam背面にある簡単設定ボタンを押すだけで、ゴキゲンな音と共にWi-Fi接続が完了しました。

その時の心境


ちなみにシャープのエアコンはCOCORO Airってアプリから操作できるんですが、これ外出先からの電源のオンオフだけじゃなくて、運転切り替えや温度設定、さらには電気代の測定までできるんですよ。すごくね?

まとめ

今となっては無線LANルーターを導入しない理由が見当たりません。

4千円程度の出資でWi-Fi環境が劇的に改善して、日々のストレスが解消して子どもにも尊敬される父親になれたのに何でやらなかったの?と思います。

今回導入したのは戸建てですが、例えば1Rのマンションでもトイレや風呂で接続が安定しないって場合にはかなり効果あると思います。コンテンツもこれからの通信規格に合わせてどんどん重くなってくだろうし。かなりコスパいい改善方法なので検討してみては。というかした方がいいです絶対。

今回買った無線LANルーターはこちら。ソフトバンク光とも相性良いのでおすすめです。

あとたまに代理店経由でソフトバンク光に申し込んだら無線LANルーターもらえるキャンペーンとかやってますよね。昔は「BBユニットあるのに無線LANルーターとかいらんやん」って思ってたんですがこういう理由があったんですね。これから導入するって人いたら教えてあげてください。



ではでは。