邪魔すぎるThumbs.dbをフォルダごと消去するためのシンプルな方法

Pocket

画像入ってるフォルダを削除しようとするとたまにこんな表示出てくるじゃないですか。


ファイル’Thumbs.db’はシステムファイルです。システムファイルを削除すると、Windowsまたは他のプログラムが正常に機能しなくなる可能性があります。完全に削除しますか?

こっちは単にゴミ画像を消そうとしてるだけなのに、「Windows使えなくなってもええんか?オゥ?」みたくめちゃめちゃ脅されます。

まあそれでも「うん、いいよ」ってなもんで[はい]を押すとですね。


〈使用中のファイル〉
エクスプローラーによってファイルは開かれているため、操作を完了できません。ファイルを閉じてから再実行してください。

残念消っせませ~ん!!ピ-ブー~~!!!

   ∩___∩
   | ノ      ヽ/⌒) あばばばばばば
  /⌒) (゚)   (゚) | .|
 / /   ( _●_)  ミ/    ∩―-、
.(  ヽ  |∪|  /    / (゚) 、_ `ヽ
 \    ヽノ /      /  ( ●  (゚) |つ
  /      /      | /(入__ノ   ミ   あばばっあびゃばびゃばば
 |       /       、 (_/    ノ
 |  /\ \       \___ ノ゙ ─ー
 | /    )  )       \       _
 ∪    (  \        \     \
       \_)

こうなると何度[再試行]をクリックしようが消せません。

「俺を消したかったら開いてるファイルをまず閉じろ」とありますが、該当のファイル(画像)を先に削除してると元ファイルが既にこの世に存在しないわけなので、閉じることは永遠に不可能です。永遠ってこわくね?

画像フォルダを整理するたびに毎回この問題にブチ当たるのでめちゃめちゃ腹立ちます。またやることが「フォルダの削除」という簡単な事だけに。

あーゲイツの腹殴ってやりたい。

さて、この’Thumbs.db’の正体はフォルダ内で画像サムネイル(縮小表示)を一度でも表示すると生成されるDateBaseファイルなわけですが、Windowsのシステムファイルという超VIP待遇を受けているため見えない、消せない、消させないと超やっかいな代物なわけです。


画像を消去した後も占有屋のごとく堂々と居座るThumbs.db。何が目的なんだよ?金か?

ところがこの度、長年悩まされてきたこの問題についてついに究極の削除方法を発見しました。

スポンサーリンク

Thumbs.dbを削除するたった1つのシンプルな方法

さっさと答えを言っちゃいますが

フォルダごと別の場所に移動させてから削除するだけです。


移動先はデスクトップでもどこでもいいです。要はThumbs.dbのフォルダパス(場所)が変わればOK

どんだけ階層深くてもこれでフォルダごとまとめて一発削除できます。

移動させる際も警告画面は出ますが、はいを押せば普通に移動できます。「消えてくれ」と言うと消えてくれないですが、「移動してくれ」という指示は聞いてくれる。占有屋かよ。

この方法のいいところ

ネットで検索すると他にも色々方法がありますが、上記の移動して削除する方法が一番便利だと思う理由を挙げておきます。

①設定を変える必要が無い
例えばフォルダオプションにて「常にアイコンを表示し、縮小版は表示しない」にチェックを入れることで、そもそもThumbs.dbを生成しないようにすることもできますが、縮小表示自体は画像の確認に便利だしそのままにしときたいって場合に便利です。

②余計な作業が必要無い
「エクスプローラーを開き直す」という方法もありますが、色々とフォルダを開いて作業している際にいちいち閉じてまた開き直してという面倒な作業をした挙句、開放されてない場合もありますので確実ではありません。

他にも「ダミーの画像を入れることでThumbs.dbを再生成し削除できるようにする」という方法もありますが、例えば「フォルダの階層が深く数も多いフォルダを上層フォルダからまとめて消したい」なんて場合、それぞれのフォルダに入れていく作業が大変なことになります。(しかもこの方法も開放されない場合が多い)

③一瞬で終わる
やるのはフォルダの「移動」なので、どんだけ容量デカかろうが一瞬で終わります。先に画像を整理してからの方がいいですけど。

なぜ消せるようになるのか?

そもそも消せない原因は、Thumbs.db側が画像を参照したままで画像が削除されてしまうことで、「ご主人(参照している画像)はまだ開かれてる」と勘違いしたままってところにあるわけなんですよね。忠犬ハチ公みたいなもんですか。そう考えるとなんだか切ないですね。こっちからしたら迷惑な話ですが。

なので「自分がいるフォルダの場所」を移動してあげれば、Thumbs.db側が参照しているデータはすべて「参照なし」に初期化されるので削除できるというわけです。たぶん。

まとめ

というわけで多くの画像を扱うことになるデザイナーなら必須の豆知識でした。あぁでも世のデザイナーはみんなMac使ってるから関係ないか。。