【PUBG】ついにモバイル版PUBGリリース!なのでとりあえず野良スクワッドやってみる

Pocket

こんばんわヨシローです。

本日5/16ついにモバイル版PUBGこと「PUBG Mobile」がリリースされました。

PUBG MOBILE
サバイバルモード」チームデスマッチ」モード新規発売!

事前登録者数は延べ130万人!

特にリセマラも必要無い本ソフトでこの登録者数は凄すぎです。

この微妙に嘘っぽいフォントはなんだろう


日本だとPC版は敷居が高く、そもそもゲーム市場は完全にスマホに移り変わってますからこれがどこまで伸びるか見ものですねー。

そんなPUBG Mobileですが、PC版とも比較しつつゲーム内容や操作感等々レポートしてみようと思います。

スポンサーリンク

基本プレイはもちろん無料?課金要素は?

PC版だとアーリーアクセス時にSteamで購入した際は3,300円とかでした。それがMobile版ではなんと無料です。

そりゃ課金によるマネタイズが主なアプリならわからない話でもないですが、その課金にしても使用武器アンロックとかの鬼畜仕様でなく、単純にアパターの服とか見た目が変えられるだけです(PC版も同様)

この筋肉ゴリラがどんな服着ようがどうでもいい人は課金しなくてOK。

要は課金しようがしまいが基本プレイ自体にまったく影響は無くみんな平等です。すごくね?

とりあえず野良スクワッドをやってみる

では早速どんなもんか乗り込んでいきます。

みんなソロで始めてるでしょうが、自分は普段やってる野良スクワッドでやってみます。

ちなみにPC版は100人すべて人間相手ですが、モバイル版は敵がbot(要はCPU戦)の場合があるそうで。

んでどうにもレベルが10になるまではすべてCPU戦(敵がすべてbot)らしいですね。ドン勝を味わってもらってSNSで拡散させて宣伝するってか?やり方うまいですね。

というかゲームって最初は易しめから始めるのが普通だからね?PC版みたいにドラクエで言うと最初の村周辺でキラーマシーンがうようよしてる方がおかしいからね?

そんなわけでまぁbot相手ということで操作方法に慣れつつ気楽に行きたいところですが、ソロなら相手全員botだろうけど、味方がいるスクワッドならどうなるんだろ?やっぱ味方も全員bot?

待ってくれ!君は・・・君の名は!



あ、こいつら人間だわ。

人間ってこういうコンテナの上に無意味に集まる習性あるもんね。



とか何とかやってるうちに始まっちゃいました。うおーーほとんどPC版と同じやーん。でも降下どれ?どうやって降下すんのこれ?パラシュートマークあるけどフォローってどういう事?

全然操作わからん!(この後無事「降下(ジャンプ)」ボタンが出てきました)

何とか降下できたものの、直角下降する操作がおぼつかなくてゴチャゴチャやってるうちにめっちゃ上空で開いちゃいました。降りるトコPC版じゃやべー奴の溜まり場で有名なスクールだし終わったなこれ・・

しかもむっちゃ遠くに着地するバカ。みんな助けて。。!我を助けたまえ。。!

なんかむっちゃ平気でした。敵もいたけど棒立ちでパンパン撃ってくるだけだし、当たっても全然痛く無いし。そりゃそうだよ。だって敵botだもん。しかも撃たれても全然減らないもん。接待感ハンパないな!

動きからして仲間3人はやっぱ人間みたいです。みんなほぼ初回プレイっぽいね。

ちなみに敵倒した時の遺品はこうやって見てはいけない系の光を放ちます。わかりやすいけどこれ敵(人間)からしたらいい的になるのでは?

そんなこんなやってたら韓国語っぽいネームの子がいつの間にか死んでました。ガチの初心者だったのかな。。botの弾は痛く無いとは言え撃たれまくればそのうち死にますし多分回復方法もわからなかったっぽいです。南無。

まぁ実はノックダウンしてんの気づいてたんですが放置しました。野良スクワッドの記事で「仲間のフォローを忘れない」とか偉そうなこと書いてたのに放置する自分もなんですが。仕方ないじゃん。さっきから指が痺れてしょうがないんだよ!

ほんとこれスマホをどう持つのが正解なの?イヤホン付けてたら物理的に無理ゲじゃ?

とりあえず他の仲間と合流します。ああiPhoneスクショが取りづらい。何度ホーム画面に戻るんだよ。

(※追記:スクショの撮り方については下記の方法で解決しました)

iPhoneでアプリゲームしながら手軽にスクリーンショットを取る一番の方法
先日あたりからついにリリースされたPUBG Mobileをやってるんですが、非常に困ったことがありまして。 それはスクリーンショット(SS)がむちゃくちゃ撮りずらいということです。 このブログにSSを撮って使いたいわけですが、そもそもの操作すらおぼつかない状況でSSまで取るのはハッキリ言って無理ゲーです。 そういうわけで今回はiPhoneの標準機能を使って簡単にSSが撮れる方法を紹介します。 この方法を導入してからこの問題はほぼ解決したのでPUBG Mobileに限らずSNSで自分の神プレイをどんどん拡散したい!って方には必須かと思われます。

正直言って野良スクワッドやる上で敵のbotよりも仲間のチームキルが一番怖かったので警戒度MAXだったんですが、他の人もそんな殺伐としてないみたいですね。

だって続々と敵botがゾンビみたいに沸いてくるんだもん。目の前をパンパン言わせながら通り過ぎていくもんだからこれはこれである意味怖い。

全然気にしてませんでしたがこの時点で既に残り10人とかになってますね。botはほとんど範囲外で死んでるみたいです。

そんなこと言ってたら自分たちがいつの間にか範囲外に飲まれてました。さっきから英語で何かうるせぇなぁと思ってたら仲間からの定型ボイスチャット(中央右の吹き出しマーク)だったようです。

範囲内へ急ごう!とか言ってたっぽい。モバイル版イイ奴多いな。PC版ならさっさとバギーで先行かれてるとこなのに。

しかし定型ボイスチャットいいですね。PC版にも欲しいです。

やばいこの距離でこの範囲ってガチで死ぬ奴じゃない?モバイル版での初見プレイがパルス死とか一番ネタにならんやつだからやめてよ!

その後ボイスチャットに気づいた自分は「車両を探そう!」と叫びながら、たまたま見つけたUAZに乗って自分だけさっさと範囲内へ入りました。

あいつら死んだかな。。と思ったら意外と生き残ってました。お試しモードのためかパルスダメージもかなり軽めになっているようです。

次の範囲はうちら寄りだな。。!あそこらは平地なので仲間がいる丘上有利・・・!

仕方ないので車両で仲間と合流することにした所で思わぬ事態が起こりました。

ドン勝しました。

後々画像確認すると、車で範囲内に入った時点で残り4人(敵1人)になってましたね。んでその敵(bot)は範囲外で勝手に死んだようです。

うーん何か連携も戦略もクソも無かったな。正直操作に手一杯でそれどころじゃなかったんですが。

PC版との違い

とりあえず人同士の対戦ではなかったためこの段階では戦略とか連携とかそういうものは置いておいて、単純にPC版と違う部分とメタ的な感想が主です。

PC版で出来ることはほぼできるよう工夫されてる

モバイル版においても操作系統はかなり互換性があり、リーンやフリールックもできますしエイムに関しても右エイム時は左射撃を使用したりと限られた画面中で同じように操作できるよう工夫されています。

画面右中央の目アイコンでフリールック可能

特にショットガンや狙撃時用に「離したら射撃」設定があるのはすごく便利。暴発はめっちゃ多いですが慣れれば平気でしょう。

ちゃんとスコープ時の感度設定もできますし、トレーニングモードで自分のベストな設定を見付けることがまずは重要じゃないでしょうか。

ただ出来ないこともいくつかあります。その中でも腰だめADS撃ちと息止めができないのはちょっと痛いと思いました。PUBGにおいては近距離戦では周囲索敵をしつつ構えも速いのでADSより使いますし。

PC版だとADSと腰だめの中間の撃ち方がある。近距離戦だと必須。

まぁこれについては単に腰だめでやれってことですかね。息止めについてもモバイル版はそんな揺れないので不要だってことなのかも。

視界が限定されやすい

PC版とモバイル版では画面の大きさが全然違うので比べるのはナンセンスですが、画面上のアイコンはともかく自分の指で隠れて左右の視界が取れないのはちょっと困ります。

知らない間にbotを左から右へ受け流してることも多々あり。bot相手なのにこっちもbotみたいな動きしてました。

リコイルは有りだが弾道はほとんど落ちない

リコイルについてはPC版と同じくちゃんと暴れます。微調整効き易い指先でやる分リコイルコントロールはわりとやりやすいんじゃないでしょうか(マウス慣れてる人はマウスのがやりやすいでしょうが)

オート撃ちっぱだとハネ上がる

リコイルコントロールも可能(全然集弾してないですが)

ただ弾道落下についてはほぼ無いと言っていいです。狙撃の際は1km先だろうが狙った所に着弾します。

全武装で一番地球の重力に魂を引かれていることで有名なVSSさんでも、300mくらいでも全く落ちません。1km先なら多少落ちるかな?程度です。

これはVSSの時代きちゃうんじゃない?こない?

右手の小指がむっちゃ痛くなる。

iPhone8だからかどうかですが、横画面操作した時にイヤホンジャックが絶妙に邪魔になるため終わった頃には小指が攣りそうになってます。多分小指の置き場が無いためずっとキザ男みたいにピーンと小指立っちゃってるからだと思いますが。

これNintendo SwichみたいにiPhoneに取り付けるPSコントローラーの模型とかあったら売れるんじゃないでしょうか?持ち手があるだけで大分違うような。

目が疲れる(切実)

小さい画面ずっと見てるの辛い。

1試合30分くらいあるため休みつつやるのは重要。できるだけでかい画面のスマホ(もしくはタブレット)の方が有利でしょうね。物理的に。

iPhoneのHDMIケーブル使ってTVに映してやろうかと思いましたが、操作は物理コントローラーじゃないんだから結局手元のスマホ見なきゃいけないのと、そもそもそれならPC版やれば良くね?という話になりました。

まぁこれはそのうちやってみます。

モバイル民は気さく

PC版は結構やってるのに一度もフレンド申請なんて無かったんですが、モバイル版だと初戦だけで早速フレンド申請が来ました。

「フレンド登録しようぜ」

すごい。何て気さくなんだ。モバイルだと当たり前のノリなのか?

もちろん無視しました。

どうせミッション(フレンド1人作る)目当てだろうし。

トレーニングモードあるよ!PC版にもはよ!

操作系統はPC版とはまるっきり違うため、ある程度操作に慣れてから始めた方がいいと思います。モバイル版ではそんな時のためありがたいトレーニングモードが実装されています。

PUBGに射撃(エイム)練習場が欲しい!欲しい!とか言ってたら先にモバイル版に実装されてしまいました。

いやいやありがたいんだけどむしろPC版でこれ欲しいんだけど。

というわけで次回はトレーニングモードとエイムなんかについて書きます。

でわでわ。