家電購入で2万円貰える?東京都がひっそり始めた「東京ゼロエミポイント」について

Pocket

最近我が家の給湯器がぶっ壊れたので交換したんですが、その際に東京ゼロエミポイントというものを申請しました。

今回はその東京ゼロエミポイントの概要を説明します。

なんかこの制度、増税に合わせてこそっと始まったので全然話題になってませんし、自分で申請する必要があるので、知らない人は知らないままなんじゃないかなって思うので参考にしてもらえれば幸いです。

スポンサーリンク

東京ゼロエミポイントとは?

東京ゼロエミポイントとは | 東京ゼロエミポイント
東京ゼロエミポイントサイトの「東京ゼロエミポイントとは」のページです。
「家庭のゼロエミッション行動推進事業(東京ゼロエミポイント)」とは、設置済みのエアコン・冷蔵庫・給湯器を、省エネ性能の高いエアコン・冷蔵庫・給湯器に買い換えた都民に対して、商品券とLED割引券に交換できる「東京ゼロエミポイント」を付与する事業です。

ざっくばらんに言うと10年前にあったエコポイントと同じようなもので、

省エネ家電買った人にポイント(商品券)あげますよって制度です。

地球環境に貢献した人に対するご褒美みたいなもんですかね。まぁ実際電気やガスの消費量が減ればそれだけ自治体にとってもありがたいことなんでWin-Winですね。

これは東京都の事業なんで東京都以外では関係ないですが、こういった省エネ支援策は各地の市町村で独自にやっている場合もありますので、一度自分の住んでるとこの役所のホームページで省エネ支援してないか調べてみてください。

ちなみに後述しますがこれは同じ増税対策事業であるキャッシュレス5%還元や、国の事業である次世代住宅ポイントとは別で貰えます。

対象となる条件

東京ゼロエミポイントの対象となるにはまず下記3つの条件を満たす必要があります。

①東京都に住所がある個人が購入

②対象の家電(リスト有)に買い替えた

③設置場所が都内の住宅

つまり、都民が対象の家電を買って都内に設置するのがまず条件です。

都民が購入すれば、購入先は大阪のヨドバシだろうが、沖縄のホームセンターだろうが、通販のジャパネットだろうが、ネット通販のAmazonだろうがどこでもいいです。

ただし、設置先が都内じゃないとダメです。例えば(ほんとは千葉にある)東京ディズニーランドに設置しちゃうと対象外です。つまりミッキーは対象となれません(ミッキーがほんとに住んでるかはともかくうわなにをry

あと重要なのが②の「買い替えた」方が対象ってところで、何もないところに新設しても対象になりません。交換する必要があるので、例えばエアコンなんかだと買い替えた証明として家電リサイクル券の提出が必要だったりします。

ちなみに元の家電が省エネ家電であるかどうかは問われません。極端な話最新の省エネ家電から、効率が落ちる省エネ家電に替えても対象にはなります。

さらにこれに加えて対象期間があります。

④2019年10月1日以降に購入したもの

つまり消費税10%で買ったものが対象になります。なので工事日が10月以降でも、買ったのが9月以前なら残念ながら対象外です。

他、対象は「個人のみ」となるので法人、つまり会社の経費で買ったものは対象外です。

対象家電はどんなの?

対象家電は省エネ基準を満たす冷蔵庫、エアコン、給湯器です。

こちらから検索できます。

対象家電等 | 東京ゼロエミポイント
東京ゼロエミポイントサイトの「対象家電等」のページです。

ちなみにここに載ってない最新製品でも省エネ基準満たしてれば対象になります。というか、今時省エネ基準満たしてないものなんて売れないから実質ほとんど対象ですね。

給湯器はそうそう買い替えるものでもない(ウチみたいにぶっ壊れでもしない限り)ですが、冷蔵庫やエアコンは買い替えるいい機会になるかもですね。

ポイントはいくら貰える?

10,000P~21,000Pです。

実際はこのうち1割ほどはLED割引券ですが、他はすべて商品券(JTBナイスギフト券)に交換できます。定型出力が大きいもの(値段が高いもの)ほど多くポイントが付きます。

ポイント数がそのまま金額だと思ってください。

これ、注目したいのが「10,000Pから」という最少ポイント数の多さで、例えば↓こんなちっこい冷蔵庫でも省エネ基準を満たしてるので対象となり、なんと11,000Pもらえます。

ちなみにこれ、Amazonの価格が11,000円なので、、実質タダで冷蔵庫が手に入る…?

大丈夫か?色々と。

ちなみに申請回数の上限無しなので、同じ人が何回申請してもOKです。買ったら買っただけポイントがもらえます。これも大丈夫なのかな。

申請期限はいつまで?

申請の締め切り期限は2021年3月31日(私書箱必着)を予定しています。ただし、予算の状況に応じて時期が早まる場合は、東京ゼロエミポイント ホームページ等で公表させていただきます。

一応1年半と結構長いことやるんですが、予算が37.4億円しかないんですよね。つまりこの分申請終わったら途中でも終わるってことです。

民間企業のPayPayが100億円還元とかやってるの見ると、東京都にしてはちょっと少ないかなって思ってしまいます。(ちなみに東京都の年間予算は7兆円くらいあります。こわい。)

後述の次世代住宅ポイントは国の事業なので1300億円という莫大な予算が用意されてます。

ちなみにPayPayが100億円還元キャンペーンやったときは1週間で終わりました(さすがに延長したけど)省エネ家電という限定された商品だとは言え、1年半持つか微妙なところです。

まとめ

と、東京ゼロエミポイントの概要はこんなもんですが、一番重要なところが「誰も教えてくれないので自分で調べて申請するしかない」ってとこですね。こういうポイント還元系にはよくある話です。

キャッシュレス還元もそうですが、今の世の中情報一つでほんと出費って変わってきますんで。。

中にはゼロエミ対象製品であることを打ち出して販売してるとこもありますが、申請がかなりめんどくさいということもあってわざわざ教えてくれない販売店も多いです。

特にネット販売系だと申請用紙を揃えるのにもあまり協力的でなかったりします。業者からしたら手間がかかるだけで特に旨味も無いですしね。

最初の方でちらっと触れた通りこれ、次世代住宅ポイントと併用して申請可能なんですが、その申請にはかなりの手間がかかったのでそこいら含め、実際に申請してみたレポートとして別途まとめを公開したいと思います。

でわでわ。