冷蔵庫を買ったので、東京ゼロエミポイントをまた申請してみた

この記事は約6分で読めます。
Pocket

最近また巨大な買い物をしてしまった。

 

デカ冷蔵庫。

ドラム式洗濯機に続き、またAmazonで買いました。

価格.comなんかで見るとAmazonはそこまで安くないように見えますが、30,000円OFFクーポンとかとてつもない値引きがしょっちゅうあるので、量販店よりかなり安く買えます。設置や引取りもヤマトがしっかりやってくれるし。

自分がこの冷蔵庫を買った時は10%OFF+30,000円OFF+シャープ家電10,000円OFFキャンペーンで、実売より60,000円近く安くなってました。しかも翌日に届いたしAmazonすげぇ。

 

とまぁ冷蔵庫についてはその辺にして、今回の本題。

2年ほど前、給湯器を買い替えた際に東京ゼロエミポイントを申請したのですが、期間限定かと思いきや実はまだやってるらしい。しかも給湯器より冷蔵庫の方がポイントが多い。今回の冷蔵庫だと13000Pゲットできます。

これは是非とも申請せねば!ってことで今回は冷蔵庫で申請してみます。

スポンサーリンク

実はまだ続いてたゼロエミポイント

2年前の申請時は確か「20年3月まで」とかだったと思うんですが、2年経った今見てみると実施期間が「2022年3月31日まで」に延長されてました。

予算限りで終了とか言っといて結構延長してるな、、知名度も無いし、めんどいしであまり申請してる人いないのかな。また延長しそう。

申請対象は「2019年10月1日~2022年3月31日までに対象家電に買い替え」なので、過去に買った人でも書類があれば申請できます。

そういえば前回給湯器編にて一緒に申請してた「次世代住宅ポイント」については20年3月で終了してました。国の事業であるこっちの方が予算は多かったのに速攻で終わってますね。その後「グリーン住宅ポイント」という制度も始まりましたが、これも21年12月で終了してます。まぁ今回冷蔵庫なんで関係ないですけど。

ちなみに自分はあの後、紆余曲折ありながらも無事申請が通り、立派なホットプレートを手に入れました。ありがとう国。

早速また申請してみよう

さて、2年前のことなんてすっかり忘れてるので、一から思い出しつつ申請していきます。

まずは下記ページから個人情報を入力して申請用アカウントを作成します。

ポイント申請用アカウント発行 | ポイント申請用のアカウント発行する方へ | 東京ゼロエミポイント
東京ゼロエミポイントサイトの「申請者用アカウント発行」のページです。本制度を利用するためのアカウント登録を行えます。
ポイント申請には「Web上で手続きを行う」か「手書きして郵送する」方法がありますが、Webでやった方が簡単で審査も早いのでWebがおすすめです。PCが無くてもスマホからも出来ます。書類画像添付のことを考えるとスマホの方が楽かも。

アカウントを作成するとメールが送られてくるので、リンクのURLからログインします。

申請したことある人は前のアカウントで入れるので作成は不要。

自分も前回作ったアカウントにてログインようとしましたが、サイトにログインできるとこが見あたらないので過去のメールを漁ってリンクからログインしました。こういうとこツメが甘いんだよな。。

マイページのホーム画面です。ちょっとわかり辛いですが、右下の「申請する」ボタンをクリックすると申請画面になります。

まずは購入した家電の「設置場所」と「購入家電等情報」を入力します。

「設置場所」は自分の家に設置するのであれば「申請者本人の住所と同じ」にチェックするだけでOK。まぁ大体自宅の人が多いと思いますが、事務所兼自宅とかだと宛先によっては審査通らないこともあるので注意(法人購入は申請対象外です)

「購入家電等情報」は製品と購入店名等々記載します。一番下の問い合わせ管理場号は家電リサイクル券に記載されてます。

入力終わったら保存をクリックして仮登録完了です。

申請書類の提出

さて、ここまでは簡単なんですが、面倒なのが申請書類の提出です。

これ、実店舗で買うと色々用意してくれたりするのでいいんですが、問題なのがAmazonみたいなネットで買う場合。業者によっては必要な記載が無かったり、そもそもが納品書や領収書が貰えなかったりで、余計な手間がかかる場合があります。(前回給湯器は必要書類揃えるのに数ヶ月かかった)

ちなみに前はWeb申請でも書類は郵送だったんですが、今は申請画面から書類を添付して送ればOKみたいです。なので家電リサイクル券とかもコピーでOKになったようですね。郵送の時は不備で返ってきたりして2往復くらいしたからこれはありがたい。

冷蔵庫の場合は下記4つの書類が必要になります。

①領収書
②メーカー発行の保証書
③家電リサイクル券
④設置場所がわかる書類
②は正規品なら付いてないことは無いでしょうし、③は条件である買い替えであれば引き取り時に必ず貰えるので問題無いでしょう。
後はスキャンなり写真撮るなりした画像を添付すればOKです。(ちなみに給湯器の場合家電リサイクル券でなく、対象製品証明書になります。)
 
保証書は販売店欄に何も書かれてない(というか販売店控えが付いたまま)でしたが、メーカー発行のもので製品型番さえちゃんと記載されてればそのまま提出でOKです。
一応控えの方でなく保証書の方にしました。
家電リサイクル券はこんな感じ。
 
排出者のとこが苗字のみ殴り書きされててかなり適当な感じですが、必要事項は記載されてるのでまぁ問題無いでしょう。
しかし冷静になって見てみるとリサイクル料4730円ってとんでもなく高いな。。
 
問題は①と④ですが、①に関してはさすがAmazon、注文履歴から領収書の発行が行えます
やり方は、Amazonの「注文履歴」の右上「領収書等」から「領収書/購入明細書」を開き、画面ショットを撮れば領収書の完成です。(PDFは申請添付できないので画像ファイルにする必要があります)
 
④については要は「納品書」ですが、納品書は貰えないことがあるので、搬入当日にしっかりとヤマト業者に納品書は貰っておきました。ぬかりないよその辺は。
ただ、後日しっかり見てみると意外な落とし穴が。
商品名書かれてねぇ!
何だUnkownて?
恐らくですが、Amazonは設置サービスが別商品扱いなので、冷蔵庫の納品書でなく設置サービスの納品書になってるっぽいです。それだと商品名が無いのも分かる。
多分これ④の書類として出すと不備になっちゃうな。。購入家電名が記載されてることって条件にもあるので。
仕方ないので、この納品書と共に設置住所と製品名が書かれてるさっきの領収書も付けます。ちなみに申請書類は何枚でも添付できます。
領収書に設置住所の記載がある場合は領収書でもいいって書かれてるし、多分いけるはず。
あと、「インターネット注文の場合は発送済みであることが分かるもの」ともあるので、念のためAmazonの注文履歴画面も送っておきます。
届け先住所の記載もあるし、「配達しました」と書いてあるので、もしかしてこれだけでもいいのかも。
 
結果的にこれだけの書類で申請しました。
多いなー。
まぁ不備になるよかマシです。
 
すべての準備が終わったら右上の登録申請ボタンをクリックして申請完了です。
 

 
後は審査結果を待つのみ。年の瀬だし承認されるとしても来年かな。。
 


承認されました。
はやっ。
審査にかかった日数は2日でした。暇なのかな?
今回はやけにあっさりでしたね。。やっぱネット上ですべて完結できるのは楽でいいですね。
 
後はポイント(商品券)が届くのを待つのみです。
 

コメント