東京都世田谷区近辺で仕事や勉強が捗るスーパー銭湯を4つくらい紹介します

Pocket



お疲れ様ですヨシローです。桶の中から失礼します。

早速本題ですがみなさん今日もスーパー銭湯で仕事してますか?勉強してますか?

え?してない?というか「スーパー銭湯はそういうとこじゃないだろハゲ」だって?

それはいけない!今すぐ着替えとノートPCを持って今からおすすめするスーパー銭湯へ向かってください。今イケてるノマドワーカーや東大生かなんかそこらへんの人が「マジで捗る」「マジで癒される」「マジ卍」「マジ♨」などと超絶おすすめしているのがスーパー銭湯での作業です。

え?何でわざわざスーパー銭湯でやるのかって?スタバとかでいいんじゃないって?

アホか!温泉があるスタバなんて無いだろが!

というわけで仕事や勉強をするのにおすすめのスーパー銭湯を4つほどご紹介させていただきます。ほんとはもっとあるんですが、個人的に日頃よく行ってる東京世田谷区近辺のものに偏っています。

スポンサーリンク

テルマー湯(新宿)


いきなり横綱の土俵入りです。

正直言って1日ガッツリ作業がしたいならここに敵うスポットはありません。料金がちょいお高めなかわりに利用時間制限は無いので、もう朝からやってやるぜ!みたく変に気合が入りまくった日には最適です。

□営業時間 :年中無休 AM11:00〜翌9:00
□住所   :〒160-0021 東京都新宿区歌舞伎町1丁目1−2
□公式サイト:thermae-yu.jp
□料金   :2,364円(土日祝2,688円)
※料金に含む: 館内ウェア、タオルレンタル(フェイスタオル使い放題)
□利用時間 :制限無し(0:00以降滞在は深夜料金が必要)
□館内設備 :○無料Wi-Fi|○電源コンセント|○漫画雑誌

□アクセス:各線新宿駅より徒歩9分/新宿3丁目駅より徒歩2分



アクセスは新宿駅より新宿3丁目から行った方が近いし人ごみや繁華街を避けることができるのでいい感じです。

リラクゼーションルームがアホみたいに広い!

まず何といってもリラクゼーションルーム(ラウンジ)が果てしなく広くて席数も多い!設計した人はどう考えても収容人数の桁を間違って発注したとしか思えない。それくらいリクライニングチェアの地平線が見えかけるレベルで並んでます。

しかもこれがB2Fと3Fにそれぞれに同じくらいあります。ついでに岩盤浴エリアにもあります。これ有事の際でも一個師団くらいなら全員収容できるんじゃないでしょうか?

初めて見た時「いやいや、映画館かよ」って小声で突っ込んだくらい果てしなく並ぶチェア。

ソファ席もアホみたいにある。どんだけのカップルを育むつもりなんだよ。。


スーパー銭湯というのは特に休日だと人が多いため、空いてる席を探してウロウロ・・・やっと見つけたと思ったら隣のおっさんのうるさいいびき・・・バタバタうるさい子供・・・と散々なことになることも多いのですが、ここなら確実にプレイベート空間が確保できるので集中して作業ができます。

余談ですが、男性脱衣所の奥に「いびきうるさい人専用ルーム」なんてものまであります。ユーザビリティへの飽くなき探究心感がハンパない。

しかもどの席にも当たり前のように電源コンセントが完備(ソファ席にまである)されており、もちろん専用Wi-Fiも有り。これだけの規模にも関わらず電波状態も良好。

正直このレベルを新宿ど真ん中に作ってしまったのはすごい。

関東最大級の炭酸泉と寝転び湯が最高すぎる

炭酸泉自体はわりとよくあるんですが基本狭い所が多く、しかもみんな長時間入るので混み合って結局入れないこともしばしば、しかしテルマー湯の炭酸泉はとにかくでかい。しかも高濃度で温度もぬるめなのでじっくり入ってられるのが嬉しい。関東最大級と謳うだけはあります。

しかしながら個人的にテルマー湯で一番好きなのは露天にある「寝転び湯」です。

露天風呂横にある寝転び湯。外にあるのは中々珍しい。

思うに温泉ってリラックスしてるつもりでもやっぱ「座る」ものなので、どこかに力が入ってるものなんですよ。っていうか力入れないとブクブク沈んでっちゃいますからね。

この寝転び湯だと全身の力を抜けるため、完全なるリラックス形態を手に入れることができます。大げさに言うとお湯と宇宙と身体が一体化するようなスピリチュアルな経験ができます。

あと上半分出てる状態なので、冬場に行けばちょっとした温冷浴を行ってる気分にもなれたり。ただ浅いのでもうちょっとお湯の高さ上げてもらえると嬉しいんですけど。

サウナも申し分無いし設備としては問題ないんですが、ちょっと難点として風呂場全体に漂う消毒液?のような臭い。アレ何なんでしょう?あれがなきゃ炭酸浴ももっとゆっくり入ってられるんだから何とかしてよぉ。

難点は料金と立地

これだけの設備に利用時間制限無しなので仕方ないことですが、やはり利用料金が高いため気軽に行くというわけにはいかないのが悲しいところ。来てる人も何となく何の仕事してるかわからないけど金持ってそうな人が多い。

また、立地的には歌舞伎町の中心からは外れてはいるものの、真横がゴールデン街なので特に女性が夜行く(帰る)にはちょっと気が引けるかもしれない。(ゴールデン街自体行ってみればすごくいい所ですが)

あとなんか、駅までの帰り道に「俺、こんなことやってて大丈夫かな?」とちょっと泣きたくなる。(※個人差があります)

ちなみにテルマー湯の真向かいには吉本興業の本社があるのでよく芸人が来たりするらしい。サバンナ高橋の目撃談多すぎて住んでるんじゃないかという噂。

なごみの湯(荻窪)

設備環境としてはテルマー湯に次ぐのではなかろうか。荻窪駅出てすぐにデデーン!とあるのでアクセスしやすいのと、会員特価によるコスパの良さで週に数日ペースで利用するのに最適です。ここはとにかくサウナが充実してるのでサウナーなら是非ともメインにしたいところですね。

□営業時間 :年中無休 AM10:00~翌9:00(土日祝9:30、毎週月曜日は10:30から)
□住所   :〒167-0043 東京都杉並区上荻1丁目10−10
□公式サイト:http://www.nagomino-yu.com/
□料金   :2,000円
※料金に含む: 館内ウェア、タオルレンタル
□利用時間 :制限無し(1:00以降滞在は深夜料金が必要)
□館内設備 :○無料Wi-Fi|○電源コンセント|○漫画雑誌

□アクセス:各線荻窪駅より徒歩3分



アクセスは電車の他おすすめなのがバスです。荻窪はいたるところのバスの集合地点なので、わざわざ中央線に乗らなくても意外なところから来れたりします。

リクライニングに加え机席もあるので集中作業に最適

規模としてはテルマー湯には敵わないものの、こちらもビル丸々施設なのでかなり広い。通常のリクライニングシートはもちろんラウンジに椅子と机の席もあるので、カフェ気分で集中して作業したい場合や打ち合わせなんかにも最適です。女性向け専用フロアもあるので女性でも安心。

地下1Fにあるラウンジスペース。ストイックな作業をする際に最適。

もちろん通常のリクライニングも完備。こちらは電源コンセントが各席にある。



リクライニングで作業するのは確かに極楽なんですが、そのまま寝落ちして気づけば夜。。なんてことも多いんですよね。風呂入ってビール飲んで寝て帰るんじゃただのおっさんの休日です。僕はこれで何度も(今でも)失敗してます。

身を引き締める意味でもやはり机に向かった方が作業は捗ります。ビールはやることやってから飲みましょう。あとここのレストルームはどうにも隣席との距離が近くて落ち着かないし。

個人的に残念なのがリニューアルによってごろ寝できる畳スペースが無くなってしまったこと。代わりに設置されたのが謎デザインのソファ。もうね、何あのソファ?ほんとあのソファだけは許せない。どこに売ってんのこれ?どうやって座るのが正解なの?銀行の待合室かよここはよぉおぉぉ!ゴロゴロさせろぉぉぉ!

子供がごろごろするスペースが無くなったせいで館内を走り回る子供が増えた気がするし。。今からでもいいんで元に戻してくださいお願いしますよほんと。

許されないソファ

3種のサウナのハシゴがとにかく最高で温冷浴が漲る

元はサウナ屋から始まっただけあってサウナに関しては都内屈指の充実具合です。

まずはミストサウナで塩を塗りたくり発汗、さらにロッキーサウナで身に十分火を通した後にボスサウナで一気に焼き揚げます。この3つのサウナを行き来する間に水風呂を挟む一連の温冷交互浴を「荻窪三顧の礼」と(勝手に)呼んでます。

ミストサウナにある塩使い放題はほんとありがたく、新陳代謝の悪い僕でも発汗が促されるうえに、肌がツルッツルになるのでマジでおすすめ。水風呂はちょい温度低め(17,8℃くらい)なので、体調と相談して無理しないよう注意。ちなみにロッキーが90℃、ボスが80℃程度ですが、ボスの方が熱波がある分体感温度がかなり高く感じられます。

残念なところはせっかくの炭酸泉はいつも人一杯で入りづらく、洗い場があまり綺麗では無い上にシャワーヘッドの位置が低すぎること。子供用かよ?逆にシャワー圧に関しては「あれ、これケルヒャー(高圧洗浄機)じゃない?」と確認してしまうほど強力すぎて体に穴が開きそうになります。

洗い場に関しては露天風呂のが綺麗なのでおすすめ。(こっちもケルヒャー)

ちなみに少し前までは「アルス玉檜風呂」という温泉に入りながら底に沈んでる玉で足(尻)ツボマッサージが出来る神がかった浴槽もあったんですが、ジェットバスになっちゃいました。尻ツボが恋しい。

なのでここはどちらかというとサウナをメインにするのがおすすめです。

あと別料金ですがここの岩盤浴はかなり充実していて、特に熱波隊によるロウリュウは一浴の価値ありです。80℃の熱波を浴びると人間ってダンゴムシみたいに丸まる習性があるっていうのと、アクエリアスって3本くらい一気に飲めるもんなんだなって実感できます。

実際の現場はこんな平和な感じでは無い(断言)タオルを盾にしたダンゴムシ達が阿鼻叫喚する修羅場です。

クーポンor会員登録でかなり割安に

最初にコスパがいいと言いましたが、(2,000円って全然安くないですやん)と思った早とちり野郎に朗報です。なごみの湯はやれる事をやればやるほど安くなる仕組みになってます。

まずはクーポン。公式HPのクーポンを入館時に見せるだけで200円割引です。そして受付には書かれていませんがここはタオル割があります。持参すればさらに150円割引。これで1,650円になります。

しかし上記よりも友の会というなごみの湯会員になればもっとお得です。

会員証を提示すればタオル含めで1,550円になり、さらにこれにもタオル割が効くのでタオル持参すれば最終的に1,400円までになります。

ちなみに土日祝でも料金は同じ。テルマー湯が2,688円なので、約半額で一日中過ごせてこの料金って結構凄くない?

友の会は入会費50円(やっす)年会費250円(やっす)の合わせて300円で入れます。入ったその日から会員料金は適用されるし、岩盤浴無料券や特別割引券等のクーポンがしょっちゅうもらえますので入った方が断然お得です。というかお得すぎて心配です。

月3回以上行くならプレミアム会員(月額800円)になれば一回1,000円になりますのでさらにお得。

店頭で申込書を書くのは結構大変なので行くなら下記HPから事前に登録しておくのが吉です。

なごみの湯友の会|東京荻窪温泉なごみの湯

ちなみにカードポイントまで溜まる。最強かよ


難点は設備の古さと人の多さ

最近リニューアルオープンして玄関の配置が変わったりしてたので館内設備にも期待してたのですが、肝心の温泉や休憩処はそのまんまだったのは残念でした。というか畳スペースを変なソファにしたのはほんと許せない(しつこい)

館内、特に浴室は結構老朽化が目立ちます。またここは0歳から入ることが可能なので結構子連れ客が多いのですが、バタバタ走り回る子がいたりして結構騒がしいことも多い。

あとやはり土日祝となると結構人は多いですね。受付がすごい列になってて入るのも大変ってことよくあります。ヒーリングスパなんかは人気が高すぎてしょっちゅう空き待ちだって断られてるカップルも多いので、事前に問い合わせた方が良いです。

THE SPA 成城(千歳船橋)

ここ、世田谷のど真ん中にあるわりに地元近辺の人以外にはあんま知られてない気がする。

所謂フィットネススパなんですが、駅から遠いのでちょっと行きづらく、5時間制で料金もお高めなので中々遠くから来ようって気にならないのかも。

ただ設備と温泉はかなりの高レベルなので数時間でさらっと作業がしたい時に向いてます。

あと1階がユニクロなので「銭湯で忘れるものベスト1(※個人調べ)」である替えのパンツが簡単に調達できるのがでかい。産地直送って感じで気分爽快です。

□営業時間 :年中無休 AM10:00~23:30
□住所   :東京都世田谷区千歳台3‐20‐2
□公式サイト:https://www.central.co.jp/thespa/seijo/
□料金   :平日1,290円、土日祝1,710円
※料金に含む:タオルレンタル
□利用時間 :5時間(延長30分324円) ※モーニング/ナイト料金、1時間SPA等有り
□館内設備 :○無料Wi-Fi|×電源コンセント|○漫画雑誌

□アクセス:小田急線 千歳船橋駅より徒歩15分/バス5分 (「千歳台3丁目」下車すぐ)
      京王線 千歳烏山駅よりバス15分 (「千歳台2丁目」下車徒歩6分)
      ※無料シャトルバスあり(千歳船橋駅、千歳烏山駅、成城学園前駅、祖師ヶ谷大蔵駅)

高級感があり清潔な館内

大本がセントラルスポーツという会員制のフィットネス施設なため、館内はとても高級感があり清潔です。ちょっとしたVIP気分になれますね。「もっとも身近なリゾート」らしく、さながらラクーアのお手軽版といった趣。

休憩処は無料Wi-Fiやリクライニングシートも完備してるので作業するにももってこい。漫画もあるので気分転換にこち亀を読んだりもできる(読みすぎ注意)

リクライニングシートで作業中。意外とこの細い手すりの上でもマウス操作はいける。

お食事処はかなり広く席数も多め。ノートPCで長時間作業してても追い出されない(たぶん



TV付きリクライニングが16席、通常のリクライニングが4席くらいとちょっと少なめではありますが、意外とそこまで混んでないので僕はいつもTV無しの方で作業してます。席が独立してて隣に気を遣わなくて済むし、後ろから覗きこまれる心配も無いので(小市民)

上階にあるフィットネスついでに来てる人が多く、金持ちの名所成城という場所柄か知りませんが利用している方のマナーは非常に良いので、逆に静かすぎてマウスカチャカチャやるのはちょっと気を遣います。(一応静音マウス使ってますけど)

お食事処には結構席数多めに掘りごたつ席や机席があるので、回りに気を遣いたくない、適度にガヤガヤしてた方が集中できるって場合はこちらを使った方がいいかも。

休憩処にはさらに畳でごろ寝できるスペースと、女性専用のリクライニングもあります。畳はもうちょっと大きめの枕やクッションとかあれば快適なんですけどね。

ちなみに上記以外にも「海温の部屋 Kaiun」「地然の部屋 Chinen」というちょっとした岩盤浴気分になれる中低温の休憩処があります。ポカポカしててゴロゴロしてるだけで気持ちがいいので固まった身体をストレッチするにも最適。

「地然の部屋 Chinen」岩盤浴では無いのでスマホいじっててもOK

「海温の部屋 Kaiun」レッスンをやってない時は普通に誰でも入れる。



入口がわかりにくい上にヨガレッスン等をよくやってるので最初は有料部屋かと思ってましたが、実はここ基本無料で誰でも入れます。入れると知らない人多いので結構空いてて穴場。ここで作業するのも有りか?

黒湯温泉とフィットネスらしく充実したジェットバス

温泉は地下1,200mから湧き出している黒湯の炭酸水素塩泉。純然たる天然温泉です。

薄口醤油に浸かってる漬けマグロの気分になってる間に体がポカポカの肌がツルツルになる。

浴槽はマジで真っ黒なので足元注意。奥に並んでるのがジェットバス。

露天にある源泉かけ流しのつぼ湯。気分はいいが非常にぬるいので油断すると風邪をひく



露店風呂に1個だけVIP席のように源泉かけ流しのつぼ湯があるんですが、30℃程度とかなりぬるめ(他は加温してる)なのであまり人気が無く独り占めできることも多い。実際冬だとかなり寒いので夏に入るにはいいかも。

またここはフィットネス施設らしく個性的なジェットバスが5種類並んでおり、「浮遊バス」等の中二感溢れるネーミングのジェットバスなんかもある。まぁ正直浮いたところでどうなんだって話ですが、バランスよく浮いてられれば体幹が鍛えられる(かもしれない)

男湯のサウナはドライサウナのみで、温度高めだが少し手狭。人が多いため入口近くだと開け閉めするたびに温度が下がってしまうので奥の方に座った方がいいです。

温泉的にはここは女湯のみバイブラバスがあったりサウナが3種類もあったりとかなり優遇されていてちょっとずるい。岩盤浴も女性限定だし。

開放感ある喫煙所と足湯

尚、陽あたりの良い玄関ロビーの外には足湯もあり、喫煙所が珍しく外に設置されている(室内にもあるけど)

この足湯もまぁもれなく黒湯なので、外にあると汚い池にしか見えない。しかも何を思ったかカエルの置物が置いてあるため余計池感に拍車をかけている。そのせいか入ってる人を見たことがないです。

ここの喫煙所は知ってる限りのスーパー銭湯ではベストですね。まぁそもそも近年の喫煙者なんてゴミクズ扱いですから大体独房みたいなとこばっかですし。ここは陽あたりがいいので晴れた日なんかは実に気分よく一服できます。ざまぁ見ろって感じですね。

汚い池とカエルの置物

優雅な喫煙所


難点はお高目な料金とアクセス

休日利用なら5時間で1,710円とちょっと割高・・・ですが、平日に利用するなら1,290円、さらにモーニング料金なら1,080円で同じく5時間利用可です。モーニングと言っても12時までに入館すればいいだけなのでかなりお得。

ここは他にもパック料金が色々とありますが、ガッツリ行きたい人向けに平日限定の『湯ったりセット』というものがあり、通常の入浴料とタオルのセットに加え、館内着にお食事+ソフトドリンクまでついて2,000円です。

なのでストイックに集中したいならモーニング、のんびり作業したいなら湯ったりセットがおすすめ。ただし人間は風呂入って飯食うとなると確実にビールが飲みたくなる生き物なので、自制心の無い人にはおすすめできない。

他にも朝風呂やポイント会員、平日SPA会員と色々と充実しているので詳細は公式HPにて確認してみてください。もっと家の近くにあったら確実にSPA会員になって毎日通ってたね。

THE SPA 成城 |

行く時は無料シャトルバスを使おう

あと難点としては立地です。歩いても行ける距離ではありますが、やはり駅からは結構遠い…と、そこでおすすめなのが無料シャトルバスです。スパ成城のバスだけでなく、1階にあるユニクロも同じようにシャトルバスを出しているので15分間隔くらいでどっちかのバスが来ます

ただ駅側の乗り場は何の目印も無かったりするので公式HPでよく確認しておいてください(マジで分からないので)

交通アクセス | THE SPA 成城

返りのバス待ち時間はユニクロで靴下でも買ってればOK。余談ですがここのユニクロは日本最大級(東日本最大)らしく広さも品揃えもハンパありません。なので逆にユニクロついでに来るのもよいかと。

美しの湯(高井戸)

個人的に昔から行ってるホームタウンです。こちらもスパ成城と同じく所謂フィットネススパなので、館内は清潔で設備が充実しています。

何といってもここは無料でプールが使える(土日祝のみ)ため、運動→食事→休憩→仕事と現代社会人に必要な項目がすべてコンプリートできてしまいます。スイミングに興味ある人はぜひ前書いた下記記事も参考にしてください。

「高井戸美しの湯」って無料でプール使えるって知ってた?
世田谷区近辺でスイミングをしたい、と思っているなら是非オススメしたい穴場が 高井戸にある美しの湯です。え、美しの湯ってスーパー銭湯じゃないの、お風呂で泳いじゃダメだよ? と思うかもしれませんがその通り。オオゼキが併設してる文字通りのスーパー銭湯です。

Wi-Fiが無いのが痛いですが、そこはテザリング等で何とかしましょう。早く導入してくれ!

□営業時間 :不定休 9:30~24:00
□住所   :東京都杉並区高井戸西2丁目3−45
□電話   :03-3334-0008
□公式サイト:http://utsukushi-yu.com/
□料金   :平日900円、土日祝1,200円
※料金に含む:無し
□利用時間 :5時間(延長30分100円)
□館内設備 :×無料Wi-Fi|×電源コンセント|×漫画雑誌

□アクセス:京王井の頭線高井戸駅より徒歩2分

少し手狭だが落ち着けるリクライニングルーム

休憩処はお食事処に併設するような形で10席程度のリクライニグがあります。ひと昔前は立派なTV付きリクライニングルームがあったのですが、さすがに「贅沢すぎてけしからん!」と株主に怒られたのか(※妄想です)一度撤去された後に現在のリクライニングができました。

清潔で落ち着いたリクライニングルーム。袖机が広々と使えるのがポイント。

少し手狭に感じますが、回転率が良いのでわりと空いてることが多いです。お食事処が隣にあるので適度にガヤガヤしており、あまり周りに気を使わなくて済みます。基本寝てる人が多いけど。

おすすめ席は写真でも見えますが手前右にポツンと一つある席。明らかにVIP席なのに空いてることが多いのが不思議です。いわく付きだったりしないよね?

館内Wi-Fiが無いのでネット環境はモバイルWi-Fiなりテザリングなりするしかありません。少し電波状況が悪いこともあるため注意。あと電源コンセントなんかもありません。基本ちゃちゃっと温泉入って飯食って帰るってとこなのでここらへんはまぁ仕方ないところです。

反則的なうまさの海老カツバーガー。野菜がアホほど入っている。

ちなみにここのお食事処は非常にレベルが高いです。野菜はすべて室内栽培の完全無農薬野菜を使っていて、あのパセリなんかもエグみが無くバクバクいけます。

個人的におすすめなのは野菜が15種類くらい入ってる海老カツバーガー。カツも揚げたてでそこらのファーストフードとは比べ物にならないくらいむっちゃ旨く、油ものなのに不思議と身体が浄化された気分になれます。

温泉施設のレベルはかなり高いというか最強では?

ここの露店風呂が木々や自然も交えてのかなり本格的な作りになっていて、さながら箱根あたりに来た気分になれます。春は桜が舞い散る中入れます。

箱根か?箱根なのかここは?と勘違いするほど情緒溢れる露店風呂。右手には直で入れるサウナも。

低温と謳うわりにものすごく汗がかける縄文式サウナ。人も少ない穴場的スポット。


個人的にお気に入りなのは露店風呂から入れる縄文式低温サウナ。熱気を逃がさないためか入口がめちゃ狭く、思った以上に汗がかけるので、思いっきり温まった後に外気浴しながら空を見上げるのが最高です。

もちろん中には遠赤外線の高温サウナもあるし、地下から吹き上げる天然温泉も濃度が高い源泉でほどよい温度で最高だし、週替わりで炭酸泉と絹の湯なんてのもやってる。しかも清潔。

必要最小限にとどめた設備ながらすべてにおいてレベルが高い。もう井の頭線ユーザーなら全員行くべき温泉なのでは?とは思っています。急行も高井戸に止めるべき。

スイミング+温泉で肉体と精神を覚醒させよ

ここは土日祝限定ですが地下の温水プールが無料で利用できます。なのでまずはスイミングで全身を稼動させた後に、温泉にて思いっきり身体を整えることで肉体も精神も完全に覚醒するので、作業に対する創造力とモチベーションが飛躍的にアップします。うまくいけばスーパーサイヤ人になれるかもしれない。

ただし普段運動してない人は最初は身体がバッキバキになってまともに動けなくなる可能性もあります。。っていうか確実に数日間の筋肉痛は覚悟しておく必要があります。なので無理のない程度にしておきましょう。

まとめ

休憩処を中心に温泉部分はさらっと流す記事にするつもりが、気づけばガッツリ温泉部分も書いてしまっていたため一万字越えの長文となってしまいました。

基本お金と時間がある人はテルマー湯が鉄板だと思いますが、どうせみんな貧乏だし暇も無いと思うのでなごみの湯あたりを軸に他はその時の気分によってスポット的に使い分けるのが良いかと思います。

一つ言っておきますがスーパー銭湯で作業したからって必ずバズる記事が書けるわけでもないし、東大に合格できる保証は一切ありませんのでご了承ください。むしろ堕落への始まりになるかもしれないのでそこは自己責任でお願いします。

最近はノマドに特化した個性的なスーパー銭湯も増えてきてますし、温泉に入ってゆっくりする以外の付加価値を付けようとがんばってる所も多いので、そういう所の応援に少しでもなればいいかなとも思いこの記事を書きました。日本人の温泉好きは異常なので、これからもどんどん伸びる分野だと思うんですよね。がんばってほしいものです。

以上です。でわでわ。

(※記事内の一部画像は公式HPより使用させていただきました)