「高井戸美しの湯」って無料でプール使えるって知ってた?

Pocket

世田谷区近辺でスイミングをしたい、と思っているなら是非オススメしたい穴場が高井戸にある「高井戸美しの湯」です。

公式サイト

高井戸天然温泉 美しの湯
東京都杉並区高井戸駅から徒歩2分の好立地にある美しの湯は、地下1,600mより湧出する琥珀色の源泉が、 身も心もやさしく解してくれます。効能豊かな美しの湯の温泉を 心ゆくまでお楽しみください。

え、美しの湯ってスーパー銭湯じゃないの、お風呂で泳いじゃダメだよ?と思うかもしれませんがその通り。オオゼキが併設してる文字通りのスーパー銭湯です。

いや、すいませんそういう事じゃなくて、ここは温泉だけじゃなくフィットネスクラブを併設しているため地下に温水プールがあるのです。

このプール、平日は会員専用(orスイミングクラブ)なのですが…実は土日祝はビジター、つまり会員じゃなくても入浴料金だけで自由に入れてしまうのです。

そうです別途料金は必要ないんです。特に受付で申告する必要もありません。温泉入るついでに入りたきゃご自由にどうぞってなもんです。

それはわかったけど何がおすすめなの?と思ってるでしょうからこれから長々と美しの湯がおすすめな理由を説明します。

スポンサーリンク

好条件すぎるアクセス



ここはとにかく好立地で、行きやすいというのがポイントです。

大体公営プールとかは駅から結構離れていて、辿り着くまでに既にヘトヘトになっている事が多いんですよね。

例えば足腰痛めるから負担が少ない水中ウォーキングしたいのに、行き帰りで普通にウォーキングしてちゃ本末転倒っていう。

特に久々に泳いだりするとまず間違いなく全身筋肉痛になるので、駅まで歩くのもしんどかったりします。

スイミングは結局自身の体を酷使することになるので、行きやすく帰りやすいってのは非常に重要なポイントだと思います。

電車、車、バスすべてOK


上の地図をご覧ください。ここはすべての交通機関が利用できる好立地にあります。

  • 電車で行く
    井の頭線高井戸駅出てすぐです。徒歩2分くらい。スーパー銭湯にしてもここまで駅に近い所は中々ないです。高井戸駅ってめっちゃ小さいですし。
    また、井の頭線って中央線、京王線、小田急線どこからでも乗り換えられる最強路線ですし、そのわりに土日祝の各停ってめっちゃ空いてますからのんびり座って行けます。
  • 車で行く
    これまたどこからも合流しやすい環八通り沿いを走ってれば着けます。南側からくるとUターンが若干面倒なくらい。広々とした専用駐車場も有り、通常施設利用時間である5時間まで駐車料金無料です。
    ※スイミングどころか運動自体久々ってなら車はおすすめしません。
     前述通り確実に足に来るので、足に力が入らなくなったりすると危険です。
  • バスで行く
    地図ではわかりませんが高井戸駅前にバス停もあります。高井戸って荻窪と千歳烏山方面の中継地点ですので、どちらからでもバスで目の前まで行けちゃいます。近い方や足が悪い方は駅の階段登ったりしなくていいので何気に一番楽でオススメ。

電車、車、バスとここまで好条件が揃っている立地も中々無いのではないでしょうか。

ウォーキング&ジョギングの仕上げとしても

ウォーキングorジョギング上等って言うのなら、神田川沿いのウォーキングコースをずっと歩いて(走って)きての仕上げにスイミング(&温泉)がおすすめです。サイクリングでもいいかもしれませんね。

ポケモンGOでもやりながらでものんびり歩いてると、神田川ウォーキングコースのちょうど中継地点みたいな感じで高井戸に着けますので、私はいつも明大前あたりから歩いてさっぱりしてから井の頭線で帰るって事をしてます。

ちなみに神田川ウォーキングコースは吉祥寺の井の頭池から始まり、西新宿、高田馬場、飯田橋、秋葉原を通って両国で隅田川に合流するところまであるそうです。(途切れたりするけど)25kmくらいあるらしいので泳いでから走れば擬似トライアスロンもできそう(やらないけど)

※実際に歩いてる人いた。歩き足りないから海まで行くとか意味わからん。

神田川を歩く① --源流から河口まで (吉祥寺・三鷹) - 旅行のクチコミサイト フォートラベル
吉祥寺・三鷹でのyouさんの旅行記です。

区民プールよりおすすめな理由

実はプールだけなら美しの湯の真向かいに「高井戸温水プール」っていう区民プールがあるんですよ。しかも250円と激安。じゃあそっちの方でええやんってなりますが、実際にどちらも行ってみると美しの湯の方がおすすめな理由が見えてきます。

利用人数が少なく集中できる

Pexels / Pixabay

区民プールってとにかく人が多いし、遊びにくる家族連れも多いので、そもそもプールの半分くらいは遊び用の自由地帯になってることが多いんですね。

ということは泳ぐ用レーン自体少ないわけで、そこに人が集まると泳ぐ間隔が狭くなっちゃうんです。そうなると自分のペースで泳ぎ辛くなるわけです。特に僕のように異常に遅い平泳ぎなんてずっとしてたらすぐ渋滞になったりします。(たまに遊び用のレーンでガチ泳ぎしてる強者もいますが)

美しの湯のプールは基本フィットネス用なのですべて水泳レーンになってます。さらにウォーキング用、初心者用、通常用とすべてレーンが分けられています。通常用レーンに至っては仕切り無しで2レーンありますので往復がしやすい(これ重要)

また、僕が良く行く夕方あたりだと大体10人前後で、しかもウォーキングレーンにいる人が基本多いので水泳レーンは数人しかいないことがほどんどであり、レーンによっては貸切で使えることもあります。

スーパー銭湯の「ついで」で行ける



単にスイミングだけしようと区民プールに行くのって実際結構ハードル高いと思います。

スイミングやりたいって人って実は結構多いと思うんですよね。僕スイミングやってますって言うと大概「いいなぁ、俺もやりたいんだけどね」って言われますし。

でも「じゃあやってみれば?」と言うと大概「めんどくさそう」って言われるんですね。用具の準備とか面倒ってのもありますが、実際の所「(ほぼ)裸になって泳ぐ」っていう「心の」準備がみんなめんどくさいと思ってるんだと思います。

美しの湯なら、一先ずの目的は「温泉に入る」でいいんです。

ここは別でプール受付とかがあるわけでなく、入りたい人は脱衣所から直接階段降りればプールまで行けます。プール入るまでボディチェック等があるわけでなく自由に出入りできます。

なので最初はとりあえず用具だけ持って温泉入るつもりで行って、ちょっと様子見て行けそうなら軽く水中ウォーキングでもしてくか、くらいのノリでいいです。僕も最初何となく泳ぐってのに気が引けたのでひたすらウォーキングしてました。

一度行けば何となく「こんなもんか、じゃあ次はちょっと泳いでみるか」となりますので、最初はそんな感じでちょっと様子見して温泉入って帰ろうくらいの気楽さでOKです。なんせ入浴料金だけで入れるんですから。とりあえず準備だけして、やっぱやーめたでもOKです。

実際料金はかなり割安(と思う)



プールが無料で使用できる土日祝だと入浴料金は1,200円です。

区民プールだと250円で入れるのでプールだけ考えると大分割高ですが、逆にスーパー銭湯に1,000円で入れると考えるとかなりお得な金額だと思います。

区民プールって基本シャンプーとか禁止ですし、基本泳ぐだけの施設なので、プールに入った後にさっぱりとしてビールで一杯やった後リクライニングでゆっくり休憩できると考えるとそこまで割高には感じないと僕は思います。

さり気にプールサイドにちゃんとした飲料水が用意してあったり、ヨガマットがあったり、他にも区民プールには無いちょこちょことした気遣いがあるので、入浴料金で使えちゃえるのはむしろ贅沢な感じもあります。

手ぶらで行ってもOK

もし急に「そのつもりは無かったけどプール入ってみたい!」と思い立った時も、必要なスイミング用具一式(水着、帽子、ゴーグル)が自販機で販売してるので、手ぶらで行ってもOKです。

ですが揃えるとちょっと割高なので、できれば↓みたいなAmazonとかでセット販売してるので十分ですから自分で準備して行った方がよいです。

女性で肌見せるのが恥ずかしいとかでも最近は↓こういう全身タイツみたいなので泳いでる人結構います。



フィットネス水着とかで検索すると色々出てくるので探してみてください。

親子連れでの水泳訓練にもおすすめ

スイミングをする上で同じレーンに子供がいると結構気を使わないといけないことが多いのですが(大概は自分より泳ぎうまいけど)ここには子供(親子)専用レーンがありますので大丈夫です。

親子連れの方が来るとまず監視員さんが声をかけて、あまり騒いだりしないよう丁寧に説明していますので子供も別のレーンに行ったりすることもなくすごくマナーが良いです。

そもそもがここ自体遊びに来るプールではないので、来る子もはしゃいでる感じじゃなくて真面目に泳ぎの練習に来るって子が多い印象ですね。親子で泳ぎの特訓してたりもしてます。ビート板とかも貸し出し自由ですし、秘密の特訓の後に温泉なんてのも親子の絆を深めるいい機会になったりしそうです。

ちなみに利用は小学生以上(10歳以下は保護者同伴)からです。

自由が許される

ここはフィットネス用プールだってことで心配な点が『なんかプログラムとかに参加しなきゃいけないんじゃないの?』『謎の教えたがりの人に指導されたりするのでは?』という恐怖感じゃないでしょうか。僕なんかそうでした。例えば、



みたいに。

いやこんな人はおらんだろうけど、でもね、

『おい君!それじゃ筋肉が泣いてるぞ!まずは基本フォームから直していこう!』

なんて、変な筋肉マンに勝手にプログラム組まれてしごかれるとも言いきれないわけですよね。

まぁ実際そんなハートマン軍曹みたいな人はいないとしても、それでも何らかのコミュニティが出来上がってて、新参者は居心地悪かったりするんじゃないかな~と思っていました。僕は基本陰キャなのでそういう場が苦手です。他の人が仲良くしてる中で黙々と泳ぐのは辛い。

ここはそういうコミュニティや勧誘めいたものはありませんので、みんな川辺の魚のごとくひたすら自由にしてます。基本ジムプールだからなのかストイックな方が多い印象ですね。というかそもそも客層がほとんど爺さん婆さんですし。

泳いでても歩いててもいいし、疲れたらベンチに座っててもジャグジーに入っててもいいし、勝手にマット出してストレッチしててもいいですし、プールサイドでバタフライの練習してても誰も何も言いません(さすがにこれは様子次第で何か言われるかも)

そして館内は行き来自由ですから、少し泳いで上がって温泉入ってご飯食べて休憩してまたプールに行ってもいいわけです(食後のプールは止めた方がいいですが)

私はそんなにガチンコで泳ぎが上手くなりたいわけでも無く、絶対お腹ひっこめるんだ!とダイエットしてるわけでもないので(多少ありますが)単に自分のペースで淡々と泳ぎたいだけだからほっといてくれって方に良いと思います。

逆にそういった指導を受けたい方向けのプログラムもあったりしますけど、基本そういうのはフィットネス会員向けなので、ビジターの人はまぁ自由にしててくださいってスタンスなのがありがたいです。

きちんと管理もされている

ビジターはほっとかれるとは言ってもちゃんとした監視員の方が数名いるので、プールサイド走るとか騒いでる人いればちゃんと注意してくれます(そんな人おらんけど)

たまに子供連れの方が来た時なんかは子供専用レーンがある等ちゃんと注意事項を説明してたり、しょっちゅう水質チェックしてたり管理自体はかなりしっかりしてるので、迷惑行為をしてる人は今のところ見たことないですね。

まぁプールに降りた時に「こんにちわ!」って凄い勢いで言われるのが若干困るくらいでしょうか。毎回「こ、こんにちわ・・・(小声)」みたいになって自分のコミュ障っぷりにちょっとヘコむので。

強制休憩時間がない

区民プールなんかでは大体1時間に5分か10分ほど休憩時間という名のよくわからないインターバルがあったりして、みんなプールから出る必要があります。

これが気づくといつの間にか自分一人だけ泳いでて恥ずかしい思いをしたり、待ってる間体が冷えちゃったりするので結構困るんですが、ここではそういう強制休憩は一切無いのでペースを乱されません。

ちなみに体脂肪燃焼にはゆっくり長時間泳ぐのが良いと言われているので、数時間でもずっと泳ぎたいって人にはいいと思いますね。現に私が来てから帰るまでずっと泳いでる婆さんとかいますし。ロボットかな?

ただ体調も大事なのでそこはあくまで自己管理する必要があります。調子乗ってペースアップして泳いでたりすると、水から上がった際に地球の重力を体感することになりますから。

水質が非常に良好

出典:http://naf-wellness.com/

さすがにフィットネス用プールだけあって区民プールに比べると水が非常に綺麗です。潜って見ればわかりますが透明度が違います。施設自体も綺麗ですしね。

まぁどこのプールもちゃんと消毒されてるので病気になったりまではしませんが、区民プールはどうしても子供が一杯いるわけで、、あの上戸彩ですらおしっこをしたことがあるらしく。。

それはともかく綺麗っていうのは気分的にやっぱモチベーションが違います。

スイミング後の温泉&食事&だらだら寝がたまらない


天然温泉で最高に癒される

箱根か?箱根なのかここは?と勘違いするほど情緒溢れる露店風呂。

美しの湯の特長は何と言ってもこれです。

ひとしきりスイミングで疲れ切った体をそのまま温泉で癒せます。

例えば区民プールとかだと大体シャワーしかなくて、しかもシャンプーや石鹸が使用禁止なのでさっぱりできないんですよね。スイミング後に素っ裸のまま移動してシャンプーどころかがっつり天然温泉にまで入れる所なんて中々無いと思いますよ。

一応区民プールにもジャグジーがあったりしますが、やはり癒し効果は天然温泉やサウナの比ではありません。露天風呂で思いっきり四季の空気を取り入れたり、サウナ→水風呂の交互浴をしたりすれば、停滞している身体も息を吹き返します。

おすすめは縄文釜風呂サウナと、何気に威力がものすごいジェットバスですね。

縄文釜風呂サウナは露天風呂がある屋外にこっそりとあるサウナで、何気に人が少なく入口も狭いため温度変化が少なく、低温でじっくりと入れるのでおすすめ。

低温と謳うわりにものすごく汗がかける縄文式サウナ。人も少ない穴場的スポット。

ジェットバスは設定間違えてるのか背中に穴開きそうなくらいの威力(個人的に都内No.1)なので、筋肉痛になった身体にもめちゃめちゃ効きます。

あとフィットネス系のスーパー銭湯に言えることですが常に綺麗なのがいいです。やはり会員の人も使う温泉ってことですごく管理や清掃がしっかりしてるんですよね。

温泉についてはすべてにおいて最高なので語りつくせません。

お食事処もレベルが高い



温泉上がりのコーヒー牛乳は当然として、地下にあるお食事処もレベル高いです。

個人的オススメは揚げたて海老カツと有機野菜を数十種以上これでもかと詰め込んだ海老カツバーガー。これがまぁめちゃ美味くて、ビールと最高に合います。(意味ない)

反則的なうまさの海老カツバーガー。野菜がアホほど入っている。

ここはとにかくどのメニューも室内栽培された有機野菜がふんだんに使われていて、前述のハンバーガーにしても身体を中身から浄化している感がハンパないです。

例えばパセリにしてもエグみが無くパクパクいけますので、ダイエット中の方にも最適。

また、ここは飲食持ち込み可なので、自分で用意した食事を取ることもできます。隣のオオゼキ(スーパー)で弁当買って食ってる人も結構いますね。

仕事が出来る休憩スペースもある



数年前まではTV付きリクライニングシートが30席くらいある結構大きめの休憩室があったのですが、一度休憩室自体無くなっちゃったんですよね。

あれは残念でしたが、「さすがにここまで揃ってこの料金ではやってけないんじゃないか・・・?」と当時思っていました。

ただやはり休憩所がお食事処しかないのは不便との要望が多かったのか休憩スペースが復活しました。


ただし前のような大きめなものでなく、お食事処に隣接したところに10席程度リクライニングシートがあるだけですが、個人的にだらだら寝転がれるだけでも十分です。この価格帯のスーパー銭湯だと休憩スペースが無い所も多いですからね。

残念なのは電源とWi-Fiが無い所ですが・・そこまですると今度は混みすぎて中々空かない、なんてことでまた閉鎖になりそうなので悩みどころですね。ちなみにフリー系Wi-Fiは周囲含め一切入りません。まぁ短時間なら電源も心配ないので僕は膝にノートPC乗っけてテザリングでやってたりしますが。

温泉自体は結構混んでることもありますが、ここで休憩していく人は意外と少なく案外座れます。そもそもみんなお食事処に行くか、さっさと帰る人が多いんですよねここ。

まとめ

スイミングを始めるのって最初は結構勇気いると思います。

私もそんなに泳ぎが得意な訳では無いし、腹は出てるしで最初は結構緊張しました。

ただ健康診断のたびに何か運動しなさいとうるさいし、自分的にもさすがに何か運動しなきゃなって時に思いきって行ってみたのがここのプールでした。元々温泉の方はよく行ってたので、前々から興味はあったんですね。

行ってみると予想以上に気持ちいいし、気楽に出来るし、そのうち自分の中で今日はクロールで20往復するとか目標を決めてやってみたり、タイム計ってみたりして上達していくのを実感したりするのが楽しいです。

頑張った自分へのご褒美じゃないですが、終わったら温泉と冷たいコーヒー牛乳が待ってるぞ!なんてすればモチベーション上げやすいですし。

興味があれば是非一度温泉ついでにでも行ってみることをオススメします。もっとガッツリやりたいってなら会員になってみたり、慣れたら他の所に行ってみてもいいですしね。スイミング始めるきっかけとしては凄くいい所だと思います。

でわでわ